めいこままスタイル

自分の仲間を分析して、今の自分自身を知る

今現在、私は、
非常にたくさんの仲間に支えられて生きているんですが

33年間生きてきて、
その仲間は人生のステージが変わる度に増えたり減ったり。。

最近は、今の仲間の存在から、今の自分を分析できるのではないかという考えに至りました。

減ったというのは、喧嘩したとか嫌いになったとかそういうのではないんですね。

話すことの中身がお互い変わってきて、結果的に話すことが減ったという人は事実います。

ちなみに私の考える"仲間"というのは、

・生きることに対して夢や目標があることを共有できる!

もちろん夢は個々で違って構わない!
でも同じ夢ならなお良し!

・どうすれば叶うか、達成できるかを共に考えることができる!

「あれやってみたら?」
「あの人なら何かわかるんじゃない?」

とアイデアがポンポンでてくる人、一緒にいて非常に暖かい気持ちになりますねえ。

特に私の師匠は歩くパワースポットですからそれが強烈です。

・その手段にチャレンジする気持ちを応援してくれる!

これは誰でも嬉しい、ですが、言葉だけで終わらないのがポイント。
信じられないアドバイスやヘルプで何度も勇気づけてもらったことがあります。

とまあ、ここまでだと普通によく聞く感じかもしれないですけどね!

仲間なら、当たり前で有り難いという大きな大きな矛盾ではあるんですが日々助けられています。

そして最後に私がいちばん仲間に感謝しているのは…
自分が、掲げた目標とは関係ないことに不安を抱いた時に

「あー!今いらないこと考えてるー!笑」と指摘してくれることです。

先日私は、

「これからの新しい生き方には、元々の人脈が必要なのかなあ」と、仲間の一人にぼやいてしまったんですが、彼女からすぐにLINEが返ってきました。

「でたでた!笑 いらんこと考えてる!笑」
「まずは、目標に向けて頑張ろう。協力するから」

素敵な仲間像でよくあるのは
「君の考えを尊重するゼ」
「どんなアナタも受け入れちゃうよ」
みたいなのがイメージにあると思うんですが

あ、いや、実際言われて救われたことはありますよ。

ものすごい悩んで悩んで研修グループのメンバーにポロっと不安をこぼした時、みんな応援してくれて、中でも心に刺さったのは

「どっちを選んでも、ゆっこ氏の選択を尊重する」という言葉。

「これはヤバい。。。」と私。

結果的にそれが心の支えになって大きな決断ができたことももちろんあります。

あれは、大きい言葉だった、、、
最初の研修パートナーよっちゃん。

あの時はありがとう。。。!

なんていうエピソードはいくつもありますが

いま、敢えていうなら自分が脇道に逸れたら、引っ張り戻してくれる人の存在は一段と大きいです。

夢や目標が変わるのは全く問題ないとされている中で、私が当初の目標とズレたことをやりかけていると、気づいてくれる人。

私はどうしたいのか?
稼ぎたいのか?
自由になりたいのか?
有名になりたいのか?
ビジネスを展開したいのか?
家族を幸せにしたいのか?
どうしたいんだっけ?

ただ、お喋り仲間が欲しいわけじゃない。
人生を心底楽しむ仲間が欲しい。

だって、人は必ず死ぬからね。
後悔はしたくないなあ。

根本的なきっかけを思い出すことで、真の目的が思い出されます。

それを30分でやっちゃうのがやる気のスイッチのパーソナルコーチング。
コーチ養成の段階で感動するくらいのセッションです!
受けてみたい方は、メッセージをどうぞ♬.*゚