めいこままスタイル

新作ではないタイミングで、読んだ本が胸に刺さる

尊敬する作家、山﨑拓巳さんが、「スゴイ!学び方」を出版されたタイミングで

既出の「スゴイ!稼ぎ方」をまだ読んでいない状態だった私。

あー、最新刊を買って読んだ方がいいのか、先に買った本を読んだ方がいいのか、
迷いつつ

迷ってる間に手元にある方を読む!という自己格言に背中を押されて読んだ稼ぎ方。

学びとしては。。。

それよりなぜ私の今の悩みがドンピシャでわかるんだろう·····という不思議。

書いてあることは、悩んでいることばかり。

ちょっとした体験も、

ほんの少し引っかかったままに毎日過ごしていることも、

見てたの?という話が書いてある。

誰もが同じ道を辿るのかと思うと、少し安心した。

と同時に、安心してフワフワしているんじゃなくて、確実に上手く行った人がいるんだから話を聴けばいいじゃないと言うワクワク再認識!

学ぶことは真似ること。

失敗した人は、どうしたら失敗するかしか知らないけど、
成功した人は、成功するための大切なことも、あの失敗の原因も、全部知っている。

だから、上手く行った人に話を聴きに行きなさいって言われてる。

最近よく聞くなぁ。

選ぶ本、選ぶコンテンツで本当にみんな同じことを言っている。

今こそソレを選んだ自分を信じて、行動に移す時。