めいこままスタイル

ずっと勘違いしていた。。。!

5月11日に参加した、ベストセラー作家山﨑拓巳さんの「スゴイ!話し方アカデミー」入門講座で私は今までの自分のとんでもない勘違いに気づいた。

アウトプットとはなんぞや。

人から聞いたことを外に出すこと、誰かに伝えることだと思っていた。きっとほとんどの人がそうだと思うけど。

わたしの場合はとっても大切な工程がすっぽ抜けたまま今まで「アウトプットして」いるつもりだった。ものすごくもったいない生き方をしていたなぁ。。。

人から何かを聞いて、それを別の誰かに伝える時。それが電話であれ、紙であれ、メールであれ何でもいいと思うんだけど、大切なのは

“自分の耳で聞いてから、自分の中で解釈して、自分はそれをどう捉えたか、そこから何を得られたか”

という自分の中での情報整理が必要だということ。

今までのわたしは、健康ミーティング行ってきましたのでシェアしますーと言って、ミーティング中の自分のノートを写メってアルバム投稿していただけ。

誰か見てんのかなって正直思ったけど、たぶん誰も見てない。のは、情報がどうとか投稿者がわたしだからという理由ではなくて。

ミーティング行かなかったメンバーの「2時間の健康ミーティングで何を言ってたのかな」という興味関心に応えられる、心揺さぶるモノがただの書き取りノートにはないから。

2時間のミーティングの中の5分だけ話された内容が、自分の中でグサッと刺さったなら、それをシェアすればいい。

欲張って、聞いたこと全部を見せてあげようとするから、薄っぺらいただの走り書きの回覧になってしまう。見せた相手にも響かない。

さっそく試しに、取りまとめアウトプットを実践してみたら、集中して思い返すこともできたし、自分の言葉にする訓練にもなって、日常会話に結びつきやすいと実感。

32歳。もうすぐ33歳。この気付きはかなり大きい。